コラム

はとバスでバスガイドさんが成人式

はとバス(東京都大田区)は9日、バスガイド23人の一足早い成人式を行った。

ガイドさんは成人の日に乗務する場合があるため、前倒しで祝っている。

晴れ着姿のバスガイドは、参拝のためバスで明治神宮へ向かった。


写真は
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000008-jijp-soci.view-000


はとバス 観光

はとバス 観光 東京

やっぱりはとバスでの観光多いのは東京、横浜ですね!

横浜港ランチクルーズと夕涼みの八景島シーパラダイスはとバス観光。

新宿駅東口(9:50発)東京駅丸の内南口(10:30発)

ロイヤルウィング(乗船・中華バイキング料理・110分)

横浜ベイサイドマリーナ(アウトレットでショッピング・90分)

横浜八景島シーパラダイス「アクアミュージアム・ドルフィンファンタジー」(入場・240分)

東京駅(22:00着予定)

はとバスでの、ひと味違った横浜観光です。



観光名所、皇居・浅草・東京タワーの東京の三大名所をおさえたはとバス半日コース

東京駅丸の内南口及び新宿駅東口(東京(9:20/11:50/13:30発)・新宿(11:10発)

皇居前広場(坂下門前〜二重橋前〜楠正成像見学・50分)

浅草観音と仲見世(自由散策・60分)

レインボーブリッジ通行お台場(車窓)

東京タワー(展望・60分)

国会前(車窓)

東京駅(14:30/17:00/18:40着予定/新宿からご乗車の方は、終了は東京駅17:00着予定となります。)

東京をいろいろ探索出来るはとバス観光です。

はとバス 日帰り

はとバス 日帰り 検索

はとバスで行く日帰り の旅! 目的で検索し発見しました。

はとバスで日帰りプラン結構あるんですね。

はとバスで日帰りであればちょっとした息抜きになりますし、意外な発見の旅になるかもしれません。

定番・名所めぐりは人気のベイエリアとみなと横浜です。

それと人情の下町・ハイソな山の手をはとバスでいく日帰りプラン。

そして何と言っても、グルメなお食事付き。

それと キラキラ夜景コレクションのショーを楽しもう!

はとバスの日帰りの2階バス、はとバス新型バスに乗りたい!

この日帰りプランは マスコミでも大きく取り上げられて紹介されました。

しかもみなさんの外国のお友達が来たら是非はとバスの日帰りおもしろアミューズメントを紹介してあげましよう。確かに外国にはいろんなアミューズメント話題の新企画などあると思いますが、 ザッツ!エンターテイメントは日本も負けてはいません。外国の方にも満足してあただける内容になっていますね。

東京は今や世界に負けない大都市です。自分が思う大都市はニューヨークですが、決して負けていません。

日本には日本の文化があり、それをよりよく広めるのが、はとバスです。

みなさん、日帰りでも十分満足できますので、一度行ってみてはいかがでしょうか?

はとバス 観光

はとバス 観光 車両

観光の達人はとバスの車両に迫ります。

はとバスは、定期観光バスをはじめとして、国内の観光バスをリードする様々な特徴ある車両を、国産・輸入に関わらず導入してきました。

はとバス一般タイプ

国産の一般タイプは、いすゞ自動車製の大型スーパーハイデッカーが中心(東京いすゞ自動車が株主のため)で、9m車やスーパーハイデッカーの一部で僅かに日野自動車製を導入した程度で、他社のようなハイデッカー車は上高地方面用の一部車両にとどまっており、全体的にレベルが高いです。多くは補助席付き55人乗りタイプであるりますが、いすゞ・ガーラをベースとして、自社主催ツアー向けの「フォルテシモ」・「ピアニシモ」と称する、3列席を備える2タイプの高級観光バスや少人数向けに9mクラスの車両も投入されています。

なお、ガーラ登場以前のいすゞ製大型車は富士重工業製の車体を中心に架装、スーパーハイデッカーは現行型のセレガ(貸切)/ガーラ(定期観光)導入前はフロントウィンドウにセンターピラーが入った上下2枚窓タイプを採用していました。


はとバス輸入車・2階建て車

ドイツ製のはとバス観光2階建てバス「ドレクメーラー・メテオールE440」が2世代にわたって導入され、定期観光のはとバス2階建て車使用コースの主力として活躍しています。一時期ベルギーの「バンホール・アストロメガTD824」が導入されたが2台にとどまり、2005年3月からハローキティバスとして活躍中。 最近は輸入観光2階建てはとバスは縮小し、三菱ふそう・エアロキングも導入されるようになりました。

はとバスの車両も奥が深いです。

はとバス 京都

はとバス 京都 お気楽

「はとバス」に乗り込んで、ついでに京都にいきましょか!

なんて気楽にいえたらいいですが、いかんせん沖縄という島から、はとバスを乗りに行くのに海を渡らなければいけないのでなかなかの苦労があります。

自分自身はとバスでではないのですが、大阪に住んでいたこともあり、京都には何回も足を運んだことがあります。京都は寺が多い所ですので、もっぱら寺巡りが観光のメインになりますね。

実際はとバスでの京都観光も、寺巡りメインというコースが多いみたいです。一泊二泊でゆっくり京都のまちをはとバスで巡る。いいじゃないですか。

自分自身でレンタカーを借りて京都のまちを探索するのも悪くないと思いますが、はとバスでガイド付きで京都の寺を巡ったほうがいろいろな知識も入っきますし、地元の方でもそうだったのかと納得する場所もあったりして確かな歴史を知る事ができると思います。

はとバスのぶらり旅なら京都を狭く深く知る事もできますし、広く浅く知る事もできますね。思いの他京都は広い。というか見学するところが沢山ありますので、何を見たいかしっかりメインを決めてから、はとバスに乗り込んで京都に向かいたいものですね。

出発場所と到着場所の確認もしっかりしておきたいです。

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa