はとバス 京都

はとバス 京都 お気楽

「はとバス」に乗り込んで、ついでに京都にいきましょか!

なんて気楽にいえたらいいですが、いかんせん沖縄という島から、はとバスを乗りに行くのに海を渡らなければいけないのでなかなかの苦労があります。

自分自身はとバスでではないのですが、大阪に住んでいたこともあり、京都には何回も足を運んだことがあります。京都は寺が多い所ですので、もっぱら寺巡りが観光のメインになりますね。

実際はとバスでの京都観光も、寺巡りメインというコースが多いみたいです。一泊二泊でゆっくり京都のまちをはとバスで巡る。いいじゃないですか。

自分自身でレンタカーを借りて京都のまちを探索するのも悪くないと思いますが、はとバスでガイド付きで京都の寺を巡ったほうがいろいろな知識も入っきますし、地元の方でもそうだったのかと納得する場所もあったりして確かな歴史を知る事ができると思います。

はとバスのぶらり旅なら京都を狭く深く知る事もできますし、広く浅く知る事もできますね。思いの他京都は広い。というか見学するところが沢山ありますので、何を見たいかしっかりメインを決めてから、はとバスに乗り込んで京都に向かいたいものですね。

出発場所と到着場所の確認もしっかりしておきたいです。

はとバス 東京

はとバス 東京 メイン

みなさんは「はとバス」を知ってますか?何となく聞き覚えがあり、沖縄の方で乗ったことがある人はかなりの”通”だと思います。なぜなら東京メインの会社だからなかなか「はとバス」を東京で乗りに行かれる方は少ないかと…。

ただこの「はとバス」意外と歴史があり東京の人達には知名度も高く、好んで乗られる方も多いみたいですね。東京の下町から、いま最も栄える場所までくまなくいくコースなんかもあって、普段なかなか見られない東京を楽しむ事ができるみたいです。

私が東京といって連想するのはやっぱり「はとバス」ではなく大都会とか、東京タワーとか、東京ディズニーランドとか(あ、東京ディズニーランドは千葉ですね(笑)。)都庁、六本木ヒルズ、空気が汚い、人が多い、日本の中心…といった所でしょうか。

生まれてこのかた東京へは2回だけ、しかも1回は仕事でした。そういえば、駅のホームで乗り換えがわからなくなり売店のおばちゃんに尋ねたら顔も見ず声も発っさずアゴだけで方向を指された記憶がありますね。(泣)でもなかなか行く機会も少ない東京だからこそあえて時間を有意義に使い、「はとバス」でのんびり東京探索するのも悪くないかもしれませんね。

はとバス 観光

はとバス 観光 宝塚歌劇団

はとバスで行く観光スポット、宝塚歌劇団の旅!
宝塚歌劇とマキシム・ド・パリの優雅なディナー(宙組公演)B席プラン

はとバスは新宿駅東口を11:50と浜松町を12:40出発。一番の観光場所東京宝塚劇場へ。(B席にて鑑賞・210分)銀座マキシム・ド・パリ(食事・120分)をした後、はとバスは、東京駅へ(19:40頃)新宿駅(20:30着予定)
この観光の料金は大人 17,800円 で夕食付 !はとバスで行く宝塚歌劇団観光おすすめです!
清く、正しく、美しく。を信念におき、
小林一三翁は、宝塚歌劇団のモットーとして、生徒やスタッフの胸に今も強く生きているのです。84年の生涯、日本の経済界、政界、そして何よりも宝塚歌劇に大きな功績を残しました。
この方の歴史に触れるのもこのはとバス観光の目的のひとつです。

宝塚歌劇団出演者は女性だけ、男性の役は男装した女性が演じる、ミュージカル、レビュー、ショーと多岐にわたる公演ジャンル、和洋どちらもこなす幅広い公演レパートリーなど、宝塚歌劇を象徴する事柄はたくさん。特に大規模なレビューやショーを定期的に上演する劇団は世界でも宝塚歌劇だけなんです。そんな魅力をこのはとバス観光で楽しんでみてはいかがでしょう。

はとバス 乗り場

はとバス 乗り場 新宿

はとバス乗り場で有名な新宿駅。私は新宿と聞くだけで”ザ・都会”というイメージを持ちますね。はとバスの乗り場の新宿を見ます。

新宿営業所:JR新宿駅「東口」ルミネエスト1階です。
新宿駅東口の駅ビル「マイシティ」は2006年4月1日より「ルミネエスト」と名称が変わりました。意外と知られていない情報です。
新宿駅(しんじゅくえき)は、東京都新宿区と渋谷区に跨る東日本旅客鉄道(JR東日本)、小田急電鉄、京王電鉄、東京都交通局(都営地下鉄)、東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。東京都交通局・東京地下鉄の駅番号はS-01(新宿線)、E-27(大江戸線)、M-08(丸ノ内線)になります。もちろん、はとバスの乗り場としても使われています。

新宿駅という駅名は、江戸時代に甲州道中(甲州街道)の日本橋と高井戸の間に新しく作られた宿駅で、「内藤新宿」が由来となっています。

新宿に鉄道の駅、乗り場ができたのは、1885年に日本鉄道により赤羽〜品川間の路線(現在のJR山手線)が開設された時なんですが、この時は新宿と言っても町外れに駅が設けられたためにほとんど利用がない事もあったと伝えられていて、平日でも利用客はごくわずかで、雨の日など利用客が0人の時もあったそうです。
今では考えられないですね。はとバスの乗り場として今でこそ活躍しえいますが利用客が0にはびっくりです。はとバスで盛り上げましょう。

はとバス ツアー

はとバス ツアー 面白い

はとバスで行くツアー面白い版!

早めに帰りたい・・・でもニューハーフショーを見たいという方に・・・新宿駅東口をはとバスは11:50出発し、東京駅丸の内南口を12:30出発。銀座キャピタルホテルにて寿司食べ放題70分間。お台場を自由散策60分間六本木ヒルズ・東京シティビューを展望間60分。新宿歌舞伎町「アルカザール」ニューハーフショーツアー/ウィスキー・焼酎・ソフトドリンク飲み放題70分間楽しんだあと、東京駅19:50着予定です。

巨人戦ナイターはとバスツアー!
東京駅丸の内南口を17:00発。東京ドーム(内野指定席1塁側での観戦・東京ドームにて入場解散となります。)
大人 5,800円
子供 5,650円
東京ドームでのご飲食にご利用いただける1,000円分のレジャーチケット付です。お好きなものをお買い求めください。なにか、投げやりなはとバスツアーですね。(笑)

ネット限定の1日限定はとバスツアーコースです!
鹿沼ぶっつけ秋祭り
鹿沼今宮神社祭の屋台行事「ぶっつけ」を見に行こう!
2台以上の屋台が道路上でむかいあって、お囃子の競演をします。事前に場所と時間を申し合わせて行うのが普通。お囃子連の腕のみせ所で、若衆の意気も最高に盛り上がります。
行ってみたい!!

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa