はとバス 京都

はとバス 京都 八橋

はとバスで行く京都プラン。宿泊、はとバス旅行 世界遺産・白川郷と飛騨の小京都・高山 (大人・おひとり様)22,800〜34,800円!!の旅がありますが、

京都の代表的なお菓子といえば・・・『八つ橋』 が有名ですよね。

みなさん『八つ橋キティ』って知ってますか?キティちゃんのアクセサリーです。京都にしかないのではとバスでいかれたらぜひ見てみてはいかがでしょう。

「八つ橋」と言うとあんこの入った三角形の柔らかいお菓子を想像する人がほとんどだと思いますが、それは「あん入り生八つ橋」です。
本来の「八つ橋」というのは、短辺が弓形に曲がった短冊状の固い煎餅のような菓子です。

「八つ橋」は元禄二年(1689)聖護院の門前町でお茶屋を営んでいた西尾偽治郎が売り出したものだそうです。

何故「八つ橋」とゆう名前なのか、主に2説あります。

1:等曲の元祖と呼ばれる八つ橋検校が亡くなり、その墓が聖護院西の黒谷に立て
られたところ門徒が多く聖護院に参じるようになった。それを見て琴の形に似せて菓子を作り、売り出したところ評判になり、「八つ橋」として日本中に知られるようになった。

2:三河の国の里の板橋に形がよく似ていることから名付けられた。(この三河の国の八橋と言うのは悲しい話で2人の子供を川で溺れて亡くした母親がたくさんの橋を造ったと言うようなそんな話。)こっちの説の場合、板橋が弓状なのはおかしいのですが、それは後で業者が商品の嵩上げをする為に改良した結果らしいです。

はとバスで行く京都プランで、この「八つ橋」をぜひ探してください。はとバスで行く京都だからおみあげにもこりたいですよね。

 

はとバス コース

はとバス コース 詳細

ここでははとバスコースの詳細をお知らせします。

東京一日(C)/東京駅・銀座キャピタルホテル発

銀座キャピタルホテル (9:00発)

=東京駅丸の内南口 (9:30発(土日祝は9:10発もあり・10/6・7、11/3・4は10:10発もあり))

=皇居前広場 (坂下門〜二重橋前〜楠正成像見学・50分)

=国会前 (車窓)

=迎賓館前 (車窓)

=表参道 (車窓)

=新宿新都心 (車窓)

=新宿住友ビル展望レストラン「シャーウッド」 (和食・50分)

=靖国神社 (車窓)

=浅草観音と仲見世 (自由散策・50分)

=お台場 (フジテレビ・デックス東京ビーチ・アクアシティお台場・お台場海浜公園など自由散策・60分。

このコースははとバスの定番ですね。
はとバスは主に東京を観光するコースが多いですね。

はとバスのコースの魅力はそのスケジュールにあると言っても過言ではありません。緻密に計算されたこのはとバスのコースは乗られた方を飽きさせない工夫がいっぱいです。

東京に行かれたことがなかなかない方も実際にお住まいの方にも飽きさせない1番の工夫はその時期にあったはとバスのコースを提案している所ではないでしょか。一度は行ってみたいはとバスのコースですね。

はとバス 東京

はとバス 東京 格安

「はとバス」をおもいっきりたのしも!しかも東京で!絶対に格安で!はとバスだからできる!というコンセプトで、はとバスは今日も頑張って走っているのでしょう。

東京の名所を半日〜一日かけてゆっくりゆったり見学する。価格も料金表をみたかんじリーズナブルで東京をあまり知らない人はもちろんのこと、東京近辺にお住まいの方までもがもちろん十分楽しめる充実した内容にこのはとバスはなっている気がしますね。

はとバスで東京のどこを巡るの?そんな疑問も私は出てくるんですが、侮るなかれこれまた東京は結構広いし奥が深い!たくさん時間をかけて遊べる所なんです!

東京タワー、雷門、お台場、東京ドーム、などなど聞いたことはあるけど、結構いったことのない場所がたくさんあり、行きたいけどなかなか場所やスムーズな移動などを考えるといろいろ大変そうで断念してしまうところを助けてくれるのがこのはとバス。

東京は渋滞が多いのでやはり、はとバスのプロの運転手さんとガイドの方にお世話になりながら楽しい東京を満喫するべきだと私は思いますね。単独でこの大都会東京と戦うのは戦場に生身の体で立つようなものです。なんでもそうなんですがプロに任せるのが1番です。

はとバスで東京。みなさんも一度楽しんでみてはいかがでしょう。

はとバス ツアー

はとバス ツアー エキゾチック

はとバスでいくエキゾチックツアー!名付けてエキゾチック横浜!このはとバスツアーは、新宿駅東口を出て、横浜を満喫ツアーです。まず東京駅丸の内南口を9:00に出て、港の見える丘公園・山手洋館・外国人墓地 へ。外国人墓地!?と思われますが以外と以外とてもきれいで自由散策を70分設けられていますが足りないかもしれません。それぐらい行く価値があります。その後、はとバスは横浜ロイヤルパークホテル「シリウス」へ。地上277メートル、ランドマークタワー70階でバイキング料理の食事を食べます。ツアーの醍醐味ですね。それからみなとみらい21で自由行動で70分過ごし横浜中華街 を自由散策。そして、はとバスは東京駅へ。17:00着予定です。食事は昼食だけのうれしいバイキング付。料金は大人は8,900円の、子供が 5,230円のはとバスツアーになってます。
横浜という近場のはとバスツアーですから割と場所場所のゆったりとした時間設定はうれしい内容のツアーになっています。はとバスにゆられながら横浜を満喫する。納得のいく、はとバスツアーになっていると思いますよ。

はとバス 日帰り

はとバス 日帰り 東京タワー

はとバス日帰りプランに一番出てくるのが東京タワー。はとバス日帰りツアーには定番中の定番でしょう。

東京タワーの色を聞かれると大体が”赤”と答える方が多いと思いますが、実は正式名は”インターナショナルオレンジ”だそうです。

オレンジなんですね。私も初めて知りました。

このタワーの正式名称は日本電波塔。

地上アナログ・デジタルテレビジョン放送(VHF・UHF)及びFM放送のアンテナとして放送電波を送出する他、東日本旅客鉄道(JR東日本)の防護無線用アンテナと東京都環境局の各種測定器を設置しているので、しっかりとした、電波を発している塔なんです。

一般的に東京のシンボル・観光名所として知られているだけではないいなですね。はとバスの日帰りプランに乗り込めばすぐ聞ける情報です。設計上は最上部で風速100m、下の部分で80mの風に耐えられ、関東大震災の2倍クラスの大規模地震が起きても大丈夫という事になっているが現在の強度は定かではないらしいのではとバスの日帰りプランで行かれた時はご注意を。(笑)


高さが332.6m[1]なのはフランス・パリのエッフェル塔の324mより8.6m高く、自立式鉄塔としては2007年現在も世界最高です。

はとバスの日帰りプランで、実際に見てください。

<<前の5件  .. 5 6 7 8 9..  次の5件>>



Powered by Seesaa